名もなきブログ

名もなきブログ

経営できない

西暦1998年6月、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務のセクションを分離して、総理府(現内閣府)の外局のひとつとして金融監督庁(現金融庁)をつくりあげたのだ。
保険業法(改正1995年)の規定により、いわゆる保険企業は生命保険会社もしくは損害保険会社に分かれた。どちらも内閣総理大臣から免許を受けている者以外は経営できないということ。
西暦1998年6月のことである、大蔵省の金融部局である銀行局や証券局等が所掌していた業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分を切り離して、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)としてこれまでになかった金融監督庁が設置されたという歴史がある。
簡単に?!ペイオフとは?⇒唐突な金融機関の破産・倒産のとき、預金保険法の規定によって保護されることとされている個人や法人等、預金者の預金債権に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
2007年に誕生したゆうちょ銀行から受けることができるサービスは法律上、郵便貯金法(2007年廃止)での「郵便貯金」ではない。銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)に定められた「預貯金」を根拠とするサービスなのです。
知らないわけにはいかない、バブル経済(わが国では平成3年まで)について。市場価格の動きが大きい資産(例:不動産や株式など)の取引価格が行き過ぎた投機により本当の経済の成長を超過しても高騰し続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。
つまり外貨MMFとは、国内でも売買が許されている外貨建て商品のひとつのことである。外貨預金よりも利回りがずいぶん良い上に、為替の変動によって発生する利益が非課税だという魅力がある。興味があれば証券会社で購入しよう。
この「銀行の運営というものは信頼によって成功を収める、もしくは融資する価値がない銀行であると評価されたことで発展しなくなる、Platinum Kubera FXのうち一つである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
この言葉、「銀行の運営なんてものは銀行の信頼によって順調に進む、もしくはそこに融資するほど価値がない銀行だと審判されて順調に進まなくなる。どちらかである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
覚えておこう、スウィーブサービスというのは銀行の預金口座と(同一金融機関・グループの)証券用の取引口座間において、株式等の購入資金、売却益が両口座で自動的に振替えられる便利なサービスである。同一金融グループによる顧客の囲い込み作戦なのです。
聞きなれたバンクという単語はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という単語が起源であるとの説が有力。ヨーロッパ中で最古の銀行。それは今から約600年前に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァ共和国で誕生し、政治的にも重要だったサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
未来のためにもわが国にあるほとんどの銀行は、強い関心を持って国際的な市場や取引にかかる金融規制等の強化も視野に入れつつ、経営の一段の強化や金融機関の合併・統合等も組み入れた組織再編成などに活発な取り組みが行われています。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産などで主に運用される投資信託のことである。あまり知られていないが取得後30日未満に解約した場合、もったいないけれど手数料にペナルティが課せられるのである。
はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が前触れもなく破綻してしまったのである。そして、初めてのペイオフ預金保護)が発動することになった。これにより約3%(全預金者に対する割合)とはいえ数千人が、上限額適用の対象になったと推計されている。
結局、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を開発し、うまく運営していくためには、大変たくさんの、業者が「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が法律等により定められていることを忘れてはいけない。

広告を非表示にする